畳

お問い合わせ

TEL

  • 出張無料診断
  • 施工例
  • 工程
  • ご挨拶・店舗案内
  • ブログ

畳

店主雑記

ものづくりマイスター講義

店主雑記

令和2年1月15日(木)ものづくりマイスター講義で、昨年に続いて、各務原市桜丘中学校へ畳製作体験の講義に出向きました。岐阜県畳組合員として派遣され参加いたしました。私は畳の手縫い実演を担当しました。あらかじめ用意した半畳の片方の縁を手縫いで仕上げる実演をいたしました。畳用の縫い針に興味津々で、手縫いで平刺し、角止め、返し縫いを行い縁が取り付いて仕上がるまでを見てもらいました。針の抜き差しを見てもらうため、粗め縫いをしましたが、針を畳の下から縁の上へ上がってくるところ(狙ったところへ下から上がってくるところ)を感心して見てもらえました。通常は機械縫いのため、今は、手縫いで畳製作はしてませんと伝えました。作業効率を良くするため、全て手作業で行うと、私は頑張っても1日2畳しか仕上げれず、作業手間を考えると1畳単価が高くなりますとも伝えました。熊本産上級品畳表で建材床新畳なら15,000円~20,000円のところ、全て手作業で、わら床熊本産上級品畳表で新畳を製作すると50,000円程度になります、と伝えたらびっくりしていました。しかし、中学生から、新畳が20,000円で製作出来ると話したら、安い!って声も聞かれ、少々嬉しかったです。手縫い実演をお見せしましたが、現在はお客様から畳を預り、お客様をお待たせしないように効率化のため、機械縫いで畳を仕上げて、お客様へ早く畳を使っていただくように日々の作業を行っておりますと、お話いたしました。畳製作体験は、生徒さん一人一人に小畳の縁をタッカー止めして仕上げてもらい、裏面に滑り止めシートを貼ってもらい小畳を完成させてもらいました。畳製作の講義を聞いてもらい、実演を見てもらい、畳を簡単に製作体験してもらい、ものづくりの難しさ、仕上がり良く作るための工夫が少しでもわかってもらえたかな?って思います。ものづくりに興味をもってくれた生徒さんが増えると嬉しいですね。